2010年4月 8日 (木)

オミット

不況不況と言われておりますが、ゲームのお仕事が立て続けて二本もオミットになってガッカリしています。一本は完成間近でギャラも支払い済みでしたが、もう一本はまだ途中だったので一銭も出ませんでした。
デザイナーの友人も、途中で立ち消えた仕事の支払は受けていないらしく、業界はどこもかしこも不況の大嵐の模様です。シナリオなど、一番経費として節約しやすい部分ですから…。またしばらく、何もお知らせできない感じになるかもしれません。
とりあえず、次のお知らせが来年にならないように頑張ります♭

あ、そんな中携帯ゲームだけは一本公開になっておりますので、よろしかったら遊んでみてください。詳しくはサイトの「works」にあります。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2010年2月19日 (金)

メールフォーム

長らく放置している間に、メールフォームのサービスが終了していたようです。一体いつ頃から使えなくなっていたのか…。
もし過渡期にメールをくださって、返事が来ないと思われている方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんでした。
現在は直しましたので、使えるはずです。もし何か不具合等ございましたら、ブログのコメントからご連絡いただければ幸いです。いろいろすみません。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

昨年は年末ギリギリにドラマCDが発売されましたが、それまで長らくご無沙汰しておりまして申し訳ありませんでした。聞いていただけましたでしょうか。
頼光様のご趣味は、私の独断ではないですよv

続けて単行本付属のミニドラマCDですが、こちらもあとは収録を待つだけです。爆発オチをやめてみようと思って、違うオチにしてみましたがどうなりますでしょうか…。
あとはノベライズというところですね。年末年始にお仕事が集中してしまいましたが、その先はまだ決まっていません。春先にはのんびり旅行にでも行こうかなと思っています。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

すっかり月イチ…

またまた一ヶ月ぶりのご無沙汰ですみません。
いろいろまたオミットになったりなんだり…。次にお会いできるのはだいぶ先になるかもしれません。

ところでノベライズをどこで買えるかというご質問をいただいたのですが、町の本屋さんで買うのはもう難しいかもしれませんね。よほど品揃えのいいところなら置いてあるかもしれませんが、古い本なのでまずないんじゃないかと思います。
ネット書店でしたら、2の方はまだ在庫あるみたいですけど…。本サイトの「works」というページに、アマゾンのリンクをはってありますので、該当書籍の部分を見てください。
中古でしたら、送料が300円ちょっとかかりますけど、合計しても新刊よりお安いですよ。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

謹賀新年

今頃ですが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

写真は頂き物のカレンダー(可愛い!)と、春から待望の絶チルアニメ化(大喜び)と、去年のコミケで買ったテレカ(ラブリーv)。
コミケは、実は企業ブースって行ったことがなくて、テレカも友人に買ってきてもらいました。満員電車並の混雑具合で、買うのすごく大変だったそうです。申し訳ない…。
のんびり午後くらいから見に行ったら、絶チルスペースは完売札ばかり…。ちょっと出足が遅くてガッカリ。
今年は仕事を含め、早め早めに取りかかりたいと思…います…(弱気)。

Child

| | コメント (0)

2007年10月18日 (木)

現況

大変ご無沙汰しております。
お仕事はしていて、原稿料等もちゃんといただいてるのですが、企画そのものが中止というかお蔵入りに…。いわゆる業界用語で言うところの「オミット」の状態になっておりました。
そういうものに限って面白いというか、出来が良かったような気がするのは気のせいでしょうか。気のせいですね…。

でもせっかく作った物を見ていただけないのは、残念です。初めての作品で、製品になるのをとても楽しみにしていたのですが…。
私も残念ですが、商品化できないクライアント側はもっと残念じゃないでしょうか。形にならない物にお金をいただいて大変申し訳ないのですが、オミットは私も別に初めてではなく、結構「よくあること」です。
企業って、こうして余計な経費がかかったりするんだなあと、しみじみしています。物を作るのも大変な作業です。

今は、私の手を離れて実制作に入っているものがひとつ、これから手をつけるのがいくつか…という感じです。
近々雑誌等で告知があるかと思いますが、お目に止まりましたらまたよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2007年6月30日 (土)

持ち帰り

昨日の記事に対するコメントで、「センター試験は問題用紙を持ち帰ることができる」と教えていただきまして…。
私の受けた私大では、問題用紙ごと回収でしたよ! よく自分の解答を覚えているなあ、さすが国立受ける人は違うな…と思っていたら、別に違わなかったわけで、安心しました。
何も私ばかりが記憶力がないわけじゃないみたいです。ありがとうございます。

だからと言って、シナリオの内容を覚えていないようでは、収録に立ち会ってもそんなに役に立たないから困るんですけど…。その辺りは要改善というところです。

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

タイピング

先日のエントリでCDのタイトルをダブルで書いていて(「今日からマ王!はじマりの旅楽団今日からマ王!はじマりの旅楽団」)、友人に指摘されて慌てて直す始末。
なんでこんなことになったかと言うと、日本語変換の時にリターンキーを押して確定するわけですけど、その時に微妙な場所を押すと一瞬消えることがあって、「あ、消えた」と思ってもう一回打ったわけです。でも実は消えてないので、二重に表示されるという…。

この失敗は実はよくやるんですが、なぜなら頻繁に「BackSpace」キーを押すから…。
タイピング速度は遅いわけじゃないんですけど、指の配置がメチャクチャなんです。小指が人様より短くて使いにくいので、指は真ん中の三本しか使いません(親指はスペースキーのみ)。当然足りないので状況に応じて右と左が補完し合います。
なので、真ん中辺りのキー(TYUGHJBNM辺り)は、右で打つこともあれば左で打つこともあります。そんなフリーダムなタッチで正確にタイピングできるわけがなく、頻繁に打ち間違えてBSキーを押す羽目になるのです。
変換を取り消して打ち直すということは日常茶飯事なので、消えたと思ったら即座にもう一度入力する癖がついているわけで。さらに「洗顔打法」(キーボードを見ていて画面を見ていない)なので、画面が違っていても気づかないわけです。

でも見直す時にたいがい気づくんですけど…。今回はスルーしちゃったようです。変な文章の時に見てしまった方、すみません。
そんなわけで仕事も意外とタイピングミスやら変換ミスやらが多いんですけど、本当にそれはお恥ずかしい限りです。もう少し画面見るようにします…。

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

せっかくなので

しばらく気が向いた時に、私が今面白いと思っているギャグマンガなどを書いていこうかなと思います。
多分同じ物を面白いと思っていればいるほど、波長が合う確率が高いと思います。逆に、「ええー、この人これが面白いのか…」と思うと、作品に触れようとする気持ちも萎える可能性があるので、諸刃の剣かもしれませんが。

漫画以外でも読書は好きなので、何か読もうと思った時によく書評などを参考にするのですが、誰の意見でもいいというわけではなくて、好みの合う人の意見を参考にします。
その人の他の書評を一通り見て、自分と同じような感じ方をしている人が褒めている本を買ってみたりします。そうすると大概当たりです。書評自体が適切で優れていても、好みが合わなければしょうがないですし…。
ちなみに文春で池澤夏樹先生が連載していた「私の読書日記」とか好きでしたが…。ちょっと固い本が多かったのでそんなに読んでないですけど、たまに自分が読んだことのあるものについて言及していることがあって、それが大変感じ方が似通ってました。先生のお薦めの本は多分私には面白いな…と思ったんですが、エンタテイメント系が少ないのがちょっとネック。

ということで、「さよなら絶望先生」。
南国ホッケーもかってに改蔵も好きでしたけど、絶望先生はキャラも萌えます。非常にネガティブでメガネで袴。レトロなビジュアルがたまりません。
ネタも毎回面白いですが、あんなにハイペースでギャグを繰り出して、失速しないのがすごいです。今度アニメも始まるそうなので、楽しみにしています。先生の声誰だろう…。

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

笑いの背景

東山先生のブログで大変お褒めいただき…恐縮です…。

多分先生とは非常に狭い範囲で笑いのツボが合うんじゃないかと思います。「かってに改蔵」で、「笑いというのは範囲が狭いほど面白いんだよ!」という一文があったそうで、わかりやすいのはこの辺かなあ…。きっと背景が一緒なんですよ。
面白いかどうかは私の力量とは関係なく、読んだ(聞いた)方とどれだけ背景が重なっているかですね。
よく「元ネタがわからない」とか言われるんですけど…。確かにわりとピンポイントを狙って投下する傾向があるので、中にはきっと、まるでヒットしない人もいるんだろうなあとは思います。

私が今面白いと思っているギャグマンガは、「ギャグマンガ日和」なんですけど…。奥の細道シリーズとか…。
どうでしょう、みなさんと背景被りますかね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧